At Night Diary

医学生Qooの備忘録/夜に綴ります

価値観ってなに

日頃から僕が意識していることがある。それは、人それぞれ考えていること、思っていることは違うということだ。

口にしてみるとありきたりで、うすっぺらい言葉に聞こえるかもしれない。

しかしこれはあまりにも当たり前だからこそ、気付かずにあっさりとスルーしている人が意外に多いのではないだろうか。

 

価値観(かちかん、英:sense of values)とは、何に価値があると認めるかに関する考え方。価値(善・悪、好ましいこと・好ましくないこと、といった価値)を判断するときの根底となる ものの見方。ものごとを評価・判断するときに基準とする、何にどういう価値がある(何には価値がない)、という判断

 

何に重きを置くか。要はそういうことだ。

 

例えば僕が好きなもの、大切に思っていることが、それらが他に人たちにとっても等しく重要であるとは限らない。みんな生まれも違えば育ってきた環境も違う。出会ってきたものも人それぞれだ。全員が同じ価値観を共有していることなどありえない。

 

 

こんなことを言ってくる人がいないだろうか。

 

「あのドラマ見ないとかぜってぇ人生損してるから。マジで。」

「いや、そんなんしてて意味あんの。」

 

など。例を挙げればキリがないが、どれもこれも、それは一体何をもってしてそう言い切れるのかと、僕は不思議で仕方ない。

好きな映画も食べ物も、捉え方や感じ方は人それぞれだし、他人に自分の考えを押し付けることは間違っていると思う。

好きなこと、熱中していることだって人それぞれだ。本人が楽しければそれでいいと思う。だがどうしてもそれでは納得がいかない人たちが、あまりに多い気がしてならない。

自分の価値観を押し付け、狭い世界で成り立つ常識を正義として振りかざす人も少なくない。

どうしてもっとお互いを認めてあげれないのか。

ただ理解してあげればいい。無理に考えを変える必要はないんだ。

 

自分の大切な信念が、譲れないものがだれにでもあるはずだ。だからそれは大切にもっておけばいいと思う。しかし、もう少しみんなが互いを理解しあって、相手の価値観をリスペクトする気概を見せたなら、世界からもう少し争いが少なくなるのではないだろうか。傷つく人も少なくて済むのではないか。

 

スケールが大きくなってしまったが、本気でそんなことを考えた夜だった。

僕ももう少し、他人を思うことができるようになりたい。自分の大切なものはなくさないようにしながら、もっと他者の声に耳を傾けて生活していこう。

 

 

 

 

一日目の夜

この度ブログを開設しました。

 

僕は医学生です。普段はキャンパスに通い、日々大学の授業を受け、テストをこなし、毎日生きてます。

 

ですが大学生活も慣れてくると、どうしても毎日が惰性的で、刺激のないものとなってしまうのはやはり仕方がないことなのでしょうか。

今のコミュニティで腐っているのがどうしても嫌で、なるべく色々なことに挑戦して、新しい人やものに出会うことを心がけています。

 

そこで日々の感動や気づきをブログという形で残すことにしました。

 

備忘録です。雑記がメインになるかと思います。

それでも自分の学生生活の足跡が残ればいいなと、そう思います。

 

初日の夜はこのへんで。

おやすみなさい。